学業・諸芸上達・心願成就のご利益は大阪府大阪市平野区の念仏寺の総本山大念仏寺で!

dainenbutsuji temple

Hiranoemachi, Hirano-ku Osaka-shi, Osaka, Japan

大念佛寺

学業・諸芸上達・心願成就

大阪府大阪市平野区

融通念佛宗総本山 大念佛寺 大阪府大阪市平野区

ごりやく

心願成就・諸芸上達・受験・学力向上

融通念佛宗は平安時代の後期、永久五年(1127年)、良忍上人によって開かれました。その良忍上人の念佛はどのようなものであったのでしょうか。

「融通念佛は一人(いちにん)の行をもって衆人の行とし、衆人(しゅにん)の行をもって一人の行とするが故に、功徳も拡大なり、往生も順次なるべし。一人往生をとげば衆人も往生をとげむことうたがひあるべからず。」

融通念佛は一人(自)の念佛と一切の人々(他)の念佛とが一体となって、自他の区別はなくなり相即相入(そうそくそうにゅう)となる。念佛が相即融通するから、それを称える人もまた相互に融通する。つまり、私という個と他の一切の人とが融け合い、一は一切を生かし、一切は一を融合し大きな力になるのです。

そして、「今、ここが極楽」
念佛を称えて極楽浄土を願うのではなく、今、ここを極楽浄土に転じていくのです。極楽往生は死後に叶うのではなく、この心に目覚めたなら、今、ここが極楽であるのです。

大念仏寺と綺麗なろうそくの明かり
大念佛寺の由来
大阪府下最大の木造建築である本堂がある大念仏寺。1127年、聖徳太子信仰の厚かった良忍上人が四天王寺に立ち寄った際、太子から夢のお告げを受け、鳥羽上皇の勅願により平野に根本道場として創建したのが始まり。
平安末期以降に広まった念佛信仰の先駆けで、念仏門の最初の宗派で日本最初の念佛道場といわれる。
その後、永享元年(1321年)に法明上人が寺域を拡大するが、火災などで荒廃。元禄期(1700年頃)に大通上人が諸堂を再建し、本山としての体裁が整い現在に至る。融通念佛宗の総本山。
大念仏寺の桜
勝運・がん封じ・病気平癒・金運・縁結びなど多くのごりやくで有名な三室戸寺へ行ってきたでござる。
京阪三室戸駅から徒歩15分。雰囲気の良い民家を通り過ぎたところにあるでござる。参道を進むと右側に三室戸寺庭園があり、ツツジ、シャクナゲ、アジサイが山を覆って、とても美しい景観であった。
更に進むと正面に朱色の門が現れ、みむろどうと書かれた石碑横の階段へと続く。
階段を上ると左側に手水舎。手を清め、ごりやくを沢山いただきたいくのいちは、宇賀神像、狛兎、狛牛手を撫でたりさすったりしたでござる。
ご本尊の千手観世音菩薩に感謝の気持ちを込めて手を合せた後、境内、三室戸寺庭園を散策し、とても気持ちの良い一日であった。
くのいちこころ
編集部&忍者

詳細情報

周辺のスポット

現在このエリアは取材準備中か編集中などの可能性があり、近隣の都道府県エリアのスポットを表示しています。