ごりやくぷれいす - 全国の神社やお寺、パワースポットのご利益をくのいちがご紹介。

kasadojinja shrine

Kasado, Suzuka-shi, Mie, Japan

加佐登神社

病気平癒・無病息災・腫物の病気回復

三重県鈴鹿市

ごりやく

ごりやく

病気平癒・無病息災・腫物の病気回復

加佐登神社の由来
三重県鈴鹿市にある加佐登神社は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を主祭神とし、古くは、御笠殿社(みかさどのしゃ)と呼ばれていました。日本武尊の能褒野(のぼの)陵墓と伝えられた白鳥塚古墳の横に鎮座し、ヤマトタケルノミコトが死の間際まで持っていたと言い伝えられている笠と杖がご神体として祀られています。明治6年(1873年)に「笠殿」(かさどの)から現在の「加佐登神社」へ改め、明治41年(1908年)に近隣の神社16社を合祀して、現在の姿となりました。
江戸時代後期に記された『三笠殿社由来記』の中で、「腫物に霊気あり」と記されていることから、おでき・にきび・腫瘍などの腫れものに関する病気のごりやくがあるとも言われています。
春の社内には、いたるところに美しいツツジが咲き、ツツジの名所としても広く伝えられています。

ヤマトタケルノミコトにゆかりの深い加佐登神社へ行ってきたでござる。
長―い石段を何段も登り、いくつもの鳥居をくぐった先に、いよいよお社が見えてきた。古くて歴史を感じる立派なお社であるなぁ。
敷地内に白鳥塚古墳があり、こちらはヤマトタケルのお墓であるとのこと。お墓の辺りは小さいけれど、なんだかパワースポット感がすごかった。空気が止まっている感じがして、とんでもなく澄みきっているようでござる。その辺り、パノラマ展望台と記されておったがものすごく木が茂っていて、展望台というよりは森と化しておったぞよ。高台に位置しているので、かつては見晴しがよく、傍にある池の眺めも良かったのであろう。しかしながら、現代の森のようなこの風景は、小さなトトロとやらのかわいいお化けが、今にもトコトコと走り去って行きそうなメルヘンを感じて、くのいちは気に入ったでござるよ。
ツツジや藤棚、チューリップの花も赤白黄色と美しく並んで咲いていたが、桜や牡丹など一年を通して花を楽しめるとのこと。ふと気が付くと、前日から頭が重かったのが、不思議となくなっていてくのいちも仰天!!!偶然?それともこれがパワースポット的なごりやくなのかもしれない…ぞよ。

編集部 くのいちこころ

加佐登神社詳細

■ 基本情報
  • 名称:加佐登神社
  • ご利益:病気平癒・無病息災・腫物の病気回復
  • 住所:三重県鈴鹿市加佐登町2012
  • 電話番号:059-378-0951
  • 駐車場:有(無料)
  • アクセス:公共交通機関でお越しの方
    近鉄平田町駅よりCバス13分「加佐登神社」下車 徒歩5分、またはJR加佐登駅から徒歩20分
    車でお越しの方
    東名阪自動車道 鈴鹿インターより10分
  • 三重県観光連盟公式サイト 観光三重

周辺のスポット

椿大神社 三重県鈴鹿市

縁結び・芸道上達・子宝安産・商売繁昌・無病息災・学業向上

加佐登神社 三重県鈴鹿市

病気平癒・無病息災・腫物の病気回復

荒神山観音寺 三重県鈴鹿市

病気・無病息災・勝運

メニューを閉じる