ごりやくぷれいす - 全国の神社やお寺、パワースポットのご利益をくのいちがご紹介。

agatajinja shrine

Uji-shi, Kyoto, Japan

縣神社

恋愛・結婚・縁結び・家運隆盛・商売繁盛

京都府宇治市宇治蓮華

ごりやく

ごりやく

恋愛・結婚・縁結び・家運隆盛・商売繁盛

ここ縣神社の御祭神は、古事記の「天孫降臨」の話の中に出てくることでも有名で、火の神様と伝えられている木花開耶命(このはなさくやひめのみこと)で、女性の守護神としても有名です。

縣神社の由来
平等院の建設よりも以前からこの神社は縣(県)という名の通り地主神とされており、存在していたとされています。
1052年(永承7年)、藤原頼道の平等院建立にあたり、その鎮守となり藤原氏の繁栄を祈誓したとされ、明治維新までは大津の三井寺の支配下にあったが、神仏分離令によりその支配を離れ現在に至るとのことです。

京都は宇治の縣神社(あがたじんじゃ)へ行ってきたでござる。
宇治川を渡りすぐのところにある大鳥居をくぐり、お茶屋さんやお食事処が並ぶ参道の「あがた通り」を暫く歩くと縣神社に到着。
正面の鳥居横には「良縁・安産祈願 あがた神社」と書かれており、くのいちが訪れた時も数名の女性と一組のご夫婦が参拝に来られ、手を合わせておった。女性に人気の神社であることは本当のようでござる。
手水舎には「縣井」と書かれてあり、その奥には井戸があります。現在、井戸の水を汲むことはできないようだが、その歴史は古く、平安時代以降には和歌の歌枕にもなっておるそうで古歌でもしばしば詠まれているそうでござる。
そして、毎年6月5日から6日にかけて行われる「暗闇の奇祭」として有名な「あがた祭り」。氏子による梵天渡御(ぼんてんとぎょ)で、梵天の中に神様が宿っているといわれており、この梵天を男性が担いでゆすったり回したりする「ぶん回し」は必見とのこと。
女性の味方についてくださる神様と男性が行う梵天渡御。何か意味があるのだろう。十数万人の見物客で賑わうとのことで、もう一度、訪れたいと思うくのいちであった。

編集部 くのいちこころ

縣神社詳細

■ 基本情報

  • 名称:縣神社(あがたじんじゃ)
  • ご利益:恋愛・結婚・縁結び・家運隆盛・商売繁盛
  • 住所: 京都府宇治市宇治蓮華72
  • 電話番号:0774-21-3014
  • 拝観料:無料
  • 駐車場:無
  • アクセス:JR宇治駅から徒歩10分
    京阪宇治駅から徒歩8分

周辺のスポット

宇治神社 京都府宇治市

学業向上・受験合格祈願・縁結び

伏見稲荷大社 京都府京都市伏見区

商売繁盛・五穀豊穣・安産・万病平癒・学業成就・芸能上達

恵福寺
恵福寺 京都市伏見区

安産祈願・腹帯

許波多神社(木幡) 京都府宇治市

勝運・必勝祈願・合格祈願

勝ち運とがん封じのご利益で有名な許波多神社(京都)の馬の像
許波多神社(五ヶ庄) 京都府宇治市

勝運・がん封じ・病気平癒

メニューを閉じる